2021.12.06 法人税 

 国税庁は、「令和2事務年度における法人税等の調査事績の概要」を公表しました。これによりますと、大口・悪質な不正計算が想定されるため調査必要度が高いとされた2万5千法人(前年度比△67.3%)に実地調査した結果、総額5,286億円(同△32.3%)の申告漏れが発見されました。新型コロナウイルス感染症の影響により、調査件数等は減少していますが、1件当たりの追徴税額を見ると780万6千円(同+149.0%)と増加しています。

 業種別にみると、不正発見割合の高い業種では、「バー・クラブ」が53.7%と18年連続のワースト1位となりました。次いで「外国料理」52.0%、「美容」37.5%、の順となっています。

 1件あたりの不正所得金額が大きい業種では、1位は「自動車・同付属品製造」4,323万円、次いで「その他の不動産」4,310万円、以下「貿易」4,187万円、「建売、土地売買」4,069万円、「情報サービス、興信所」4,049万円と続いています。「バー・クラブ」は、不正発見割合の高い業種では1位となりましたが、金額が相対的に少ないため、不正所得金額が大きい業種の上位には入っていません。

 また、国税庁では、調査を行うにあたり、見過ごすと申告納税制度の根幹を揺るがすことになるため、事業を行っているにもかかわらず申告していない法人、無申告法人に対して積極的に調査を実施しました。そのうち、稼動している実態を隠し、意図的に無申告であったものが278件(同+△32.9%)あり、法人税約33億7百万円(同△20.2%)の追徴課税をしました。

出典:国税庁「令和2事務年度における法人税等の調査事績の概要」

 主な調査事例として、(1)接待を伴う飲食店における多額の収入について、売上げに係る書類を破棄することで取引を隠蔽した事例(追徴税額約7千万円)、(2)不動産コンサルタント業務で得た収入について、領収書等を破棄することで取引を隠蔽した事例(同約4千万円)が紹介されています。

 国税庁では、「無申告は、申告納税制度の根幹を揺るがすことになる」として、資料情報の更なる収集・活用を図り、積極的に調査を実施するとしています。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.