2021.09.27 その他 

 国土交通省は、令和3年都道府県地価調査の結果をとりまとめ、ホームページに公表しました。

 都道府県地価調査とは、国土計画利用法に基づき、各都道府県が毎年7月1日時点における調査地点の正常価格を調査・公表しているもので、昭和50年から実施されています。主に住宅地や商業地を調査するものです。令和3年調査地点数は、21,443地点となっています。

  •  調査によると、全国平均では、全用途平均が2年連続の下落となりましたが、下落率は縮小しています。
  •  用途別にみると、住宅地は下落率が縮小し、商業地は下落率が拡大しています。 商業地では、国内外の来訪客増加による店舗、ホテル需要でこれまで上昇してきた地域や、飲食店が集積する地域では、需要減退、先行き不透明感から下落が継続しているようです。
  •    

 三大都市圏では、住宅地は東京圏、名古屋圏で下落から上昇に転じ、大阪圏は下落が継続しましたが下落率は縮小しています。商業地は東京圏で上昇が継続したが上昇率は縮小し、大阪圏は平成24年以来9年ぶりに下落に転じ、名古屋圏は下落から上昇に転じました。

 地方圏では、全用途平均は下落が継続していますが下落率が縮小し、用途別では、住宅地は下落率が縮小し、商業地は下落率が拡大しています。全用途平均・住宅地・商業地のいずれも、地方四市(札幌市、仙台市、広島市及び福岡市)では上昇を継続し、地方四市を除くその他の地域では下落が継続しています。

出典:国土交通省「令和3年都道府県地価調査」
page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.