2020.08.24 その他 

 国税庁は、ホームページに「令和元年度におけるe-Taxの利用状況等について」を公表しました。e-Taxとは、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。

 このe-Taxの令和元年度の利用状況を見ると、利用合計数は4,226万1,610件と前年度より12.4%増加しました。

 手続別の利用合計数は、所得税の申告1,243万5,802件(前年度比+8.4%)、法人税の申告236万8,882件(同比+4.4%)と、いずれも前年度と比べて増加しています。

 利用率を見ると、所得税の申告59.9%(前年度比+2.0ポイント)、法人税の申告87.1%(同比+2.8ポイント)となっています。所得税の申告における利用率は、マイナンバーカードの普及割合等に左右されることもあり、法人税の申告と比べると利用率が低くなるようです。マイナポイント制度等の影響により、マイナンバーカードの交付枚数率が上昇していることから、来年度の所得税申告におけるe-Tax利用率は高くなるかもしれません。

 国税庁では、e-Tax普及・定着に向けて取り組んでおり、令和元年度における新たな取組みとしては「利用範囲の拡大(相続税申告)」「利便性向上」「システム改善等」があるそうです。ただし、e-Taxの利用満足度は74.2%と、前年度と比べて7.3ポイント減少してしまいました。国税庁では、「コロナ禍で初めてe-Taxを利用され、手続や操作に手間取った方が増えたこと」などを要因としています。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.