2014.08.04 その他 

国税庁は、「平成25年度租税滞納状況について」をホームページに公表しました。滞納とは、国税が納期限までに納付されず、督促状が発付されたものをいいます。
新規発生の租税滞納額をみると、平成25年度は前年度より7.7%減少し、5477億円となりました。最も新規滞納発生額の多かった平成4年度の29.0%まで減少しています。
滞納発生割合も 1.1%と前年度(1.3%)を0.2ポイント下回り、平成16年度以降、10年連続で2%を下回っています。
一方、滞納の整理をした額は6765億円と、前年度より1.3%減少しましたが、新規発生滞納額5477億円を1288億円上回りました。その結果、滞納整理中のもの(滞納残高)は、1兆1414億円(前年度比△10.1%)となりました。平成11年度以降、15年連続の減少となります。
税目別の滞納残高をみると、所得税が5466億円で最も多く、消費税の3564億円、法人税の1419億円となっています。消費税は前年度と比べると10%減少していますが、平成26年度は消費増税の影響が心配されます。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.