2014.03.24 税制改正 

平成26年度税制改正法が20日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決・成立しました。20日に成立したのは、平成7年(3月17日成立)に次ぐ戦後2番目の早さです。
成立した税制改正法には、所得税法や法人税法、相続税法、租税特別措置法、税理士法などの改正を一本にまとめた「所得税法等の一部を改正する法律案」、「地方法人税法案」ならびに「地方税法等の一部改正する法律案」があります。
国税に関する税制改正法案(所得税法等の一部を改正する法律案)「地方法人税法案」)は、2月4日に閣議決定後、同日国会に提出され、衆議院を2月28日に通過していました。
地方税に関する税制改正法案(「地方税法等の一部を改正する法律案))は、国税より少し遅れて2月7日に閣議決定後、同日国会に提出され、衆議院の総務委員会で法案に一部修正が加えられ、国税と同じく衆議院を2月28日に通過していました。
平成26年度税制改正法はこの後、3月31日付の官報により公布され、予定通り4月1日から施行される見通しです。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.