2011.09.12 所得税 

被災者を対象にした所得税の還付措置について、岩手県、宮城県、福島県の被災3県で少なくとも20万世帯が申告・相談をしていないことがわかったという報道がありました。仙台国税局の発表によると、被災3県で住宅に全半壊の被害を受けたと見られる約26万世帯の8割近くが申告・相談をしておらず、制度が浸透していないことが浮き彫りになっています。
 
東日本大震災の被災者を対象に、税制上の負担軽減を図るため、4月27日に震災特例法が施行されました。住宅や家財に損害を受けた人は、所得から損失額を控除することができますが、同法の適用により、2010年分にさかのぼって所得から損失額を控除し、所得税の還付や軽減などを受けることができます。
 
同国税局によると、被災3県の申告相談件数は、下記の通り、約6万3千件と少数にとどまっています。建築物が全半壊等の被害にあった棟数と比較すると、多くの方がまだ申告・相談をしていないことがわかります。
県名    申告相談件数 (参考:建築物全半壊等件数)
岩手県  9,037件 ( 26,606棟)
宮城県 45,301件 (169,547棟)
福島県  8,356件 ( 62,300棟)
合計 62,694件 (258,453棟)
仙台国税局は、震災特例法の趣旨に鑑み、早期の申告等の手続きを支援するため、11月末までを集中対応期間と位置づけ、所得税の還付措置制度の周知徹底につとめるとしています。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.