2011.07.25 その他 

政府は25日、東日本大震災の復興財源確保に向けた関係閣僚会合を開き、約10兆円の臨時増税の期間について最長10年とすることで合意したという報道がありました。
 
会合では、国と地方を合わせた復旧・復興費用の総額が当初の5年で19兆円以上に上ることを確認しています。そのうち、既に11年度の第1次・第2次補正予算で6兆円を計上しており、残り13兆円のうち約10兆円を臨時増税で確保する計画です。
 
臨時増税の期間は、財政規律維持などのために5年間を主張する者と、短期間だと増税幅が拡大すると慎重な姿勢を示す者とが対立したため、「5年を基本に10年以内」とすることで折り合ったようです。臨時増税は所得税、法人税を中心に相続税やたばこ税などの増税を組み合わせる方針です。
 
臨時増税を含む復興財源の調達方法は、今月末に取りまとめる「復興基本方針」に盛り込まれ、引き続き検討されます。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.