2011.01.11 法人税 

政府が外国企業の国内誘致を進めるため、認定企業に対して法人税の軽減などを行う「アジア拠点化推進政策」をまとめたという報道がありました。
 
この政策は、欧米等外国企業の法人税を軽減するなど優遇することにより、アジア本社や研究開発拠点を日本に置くよう促すものです。外資企業が中国やシンガポールに流出し、日本のアジアでの地位が低下していることへの対抗策のようです。
 
日本の法人税の実効税率は、2011年度税制改正により5%下げて約35.6%となりますが、認定外国企業に対しては、日本進出の当初5年間、さらに低い28.5%と優遇します。それでも韓国(24.2%)、シンガポール(17%)よりも高い数字です。
 
そのため政府は、地方自治体に地方税減免を呼びかけ、20%台前半まで引き下げ、他のアジア諸国への対抗を検討しているようです。
 
政府は、今月末に招集される通常国会に「アジア拠点化推進法案」を提出する予定です。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.