2018.12.25 相続税・贈与税 

国税庁はホームページに「平成29年分の相続税の申告の状況について」を公表しました。平成29年分の相続税の課税割合は、8.3%と前年から0.2ポイント増加しています。前年から引き続き、高い水準となっています。

相続税の課税対象者数は約11万2千人と増加(前年比+5.5%)し、1人当たりの税額は1,807万円と前年と比べると2.4%増加しています。相続財産の内訳を構成比でみると、「土地」36.5%、「現金・預貯金等」31.7%、「有価証券」15.2%、「その他」11.2%、「家屋」5.4%となり、前年と比べると「現金・預貯金等」が0.5ポイント増加し、平成に入ってから最高の構成比となりました。

国税局ごとの相続税課税割合は、以下のとおりです。前年と比べると、東京が0.4ポイント、札幌、関東信越、福岡が0.3ポイント増加しており、全体的に増加傾向にあります。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.