税のトピックス

  • その他

来年1月より、QRコードを利用したコンビニ納付が可能に

 国税庁ホームページに、「QRコードを利用したコンビニ納付手続の開始について」が掲載されました。

 税金の納付方法には、窓口での納付の他、振替納税、クレジットカード納付、コンビニ納付などの方法があります。コンビニエンスストアの窓口で納付するコンビニ納付では、従来、税務署から交付又は送付されたバーコード付きの納付書がなければ利用できませんでした。平成31年1月より、このバーコード付き納付書を印刷するためのQRコードを自身で作成することが可能となります。

 具体的な利用方法は以下のとおりです。
  1.自宅等で作成・出力した「QRコード」(PDFファイル)をコンビニ店舗に持参
  2.いわゆるキオスク端末に読み取らせることによりバーコード(納付書)を出力
  3.バーコード(納付書)によりレジで納付

 QRコードを利用した納付には、このQRコードを読み込む機械、いわゆるキオスク端末が必要となるため、利用できるコンビニエンスストアが限定されます。現在のところ、利用可能なコンビニエンスストアは、「Loppi」端末を設置している店舗(ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ)又は、「Famiポート」端末を設置している店舗(ファミリーマート)です。

 なお、納付できる金額は、従来のコンビニ納付と同様に30万円以下となりますのでご注意ください。

税務・会計等に関することはお気軽にご相談ください