2018.10.01 その他 

 厚生労働省は、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の加入者が8月末現在で、100万人を突破したと公表しました。

 iDeCoは、自分で決めた額(掛金)を積み立てて運用して60歳以降に年金として受取るもので、公的年金にプラスできる「もうひとつの年金」です。iDeCoの掛金は全額が所得控除の対象となり、運用益も全額非課税など、大きな税制優遇があることが特徴です。

 8月末のiDeCoの加入者は100万9766人と、100万人を超えています。昨年1月より加入対象者の範囲が拡大し、公務員や主婦も加入できるようになりました。対象範囲拡大後は、月数万人規模で増加が続いています。この背景には、加入者の老後の生活資金への不安があるようです。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.