2017.09.11 所得税  税制改正 

 国税庁は、「平成29年分確定申告の医療費の明細書添付義務化のお知らせ」をホームページに掲載しました。明細書の添付を義務化というと、確定申告書を提出する時の手間が増えたような印象になりますが、実際には手間が少なくなります。

 従来、確定申告で医療費控除の適用を受けるためには、医療費の明細書と領収書の添付が必要でした。平成29年分確定申告からは、医療費の明細書に、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」のような医療費通知を添付すれば、領収書の添付は不要となります。

 ただし、医療費の領収書は自宅で5年間保存し、税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりませんので、ご注意ください。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.