2017.04.17 相続税・贈与税 

 国税庁は、平成29年度改正により、物納できる財産の順位と財産の範囲が変わったことを案内するリーフレットをホームページに公表しました。
 物納とは、相続税を金銭で納税できない場合に、相続財産により納税する制度をいいます。平成29年度税制改正では、物納できる財産の範囲と優先順位の見直し等が行なわれ、4月1日の物納申請から適用されています。
 具体的には、第1順位とされている「不動産」・「船舶」・「国債証券」・「地方債証券」に、これまで第2順位だった株式等のうち、金融商品取引所に上場されているものを第1順位に格上げされました。また、改正前は物納することができなかった有価証券でも、金融商品取引所に上場されているもの等は第1順位で物納できるようになりました。
 改正後の第1順位となる上場株式等には、次のようなものがあります。
 ○金融商品取引所に上場されている有価証券
 ・社債券(特別の法律により法人の発行する債券を含み、短期社債等に係る有価証券を除く。)
 ・株券(特別の法律により法人の発行する出資証券を含む。)
 ・証券投資信託の受益証券
 ・貸付信託の受益証券
 ・新株予約権証券
 ・投資信託の受益証券(証券投資信託を除く。)
 ・投資証券
 ・特定目的信託の受益証券
 ・受益証券発行信託の受益証券
 ○金融証券取引所の上場されていない有価証券
 ・オープンエンド型の證券投資信託の受益証券
 ・オープンエンド型の投資法人が発行する投資証券
 なお、非上場株式等は改正前と同様、物納の優先順位は第2順位とされています。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.