相続・税のYPコラム

  • 所得税

今年から、医療費控除が受けやすくなる?新制度スタート!

 新しい年がスタートしました。本年も、皆様のお役に立つような情報を発信できるようつとめますので、「相続・税のYPコラム」をどうぞよろしくお願いいたします。
 今年から新しく始まる制度に、所得税確定申告の医療費控除の特例である「セルフメディケーション税制」があります。従来の医療費控除は、医療費の額が10万円(※)を超えなくては控除が受けられませんでしたが、この特例により、10万円を超えていなくても一定の条件を満たせば、所得から控除できるようになりました。
 セルフメディケーション税制とは、健康診断を受けるなど、自分自身で健康管理をする(セルフメディケーション)人が、1万2千円超のスイッチOTC医薬品を購入した場合に、その超えた金額について所得控除を受けられる制度です(上限8万8千円)。
 ここで気になるのが、「スイッチOTC医薬品」がどのような薬を指すのかということです。スイッチOTC医薬品は、もともと医療用で使われていた薬品で安全性に問題がないと判断されたため、薬局で販売できるような一般的な医薬品にスイッチされたものを指します。
 スイッチOTC医薬品のパッケージには共通識別マークが表示される予定ですが、厚生労働省のホームページに掲載されているリストを見ると、CM等で耳にする一般的な医薬品(風邪薬、胃腸薬、頭痛薬など)の多くはスイッチOTC医薬品に該当するようです。
 なお、セルフメディケーション税制と通常の医療費控除制度は、どちらか一方しか適用できませんので、ご注意ください。

 ※所得が200万円未満の方は、所得の5%の金額

税務・会計等に関することはお気軽にご相談ください