2017.08.16 所得税 

 先日、発売期間が終了したサマージャンボの当選金は、一等前後賞合わせて7億円!まさに夢の宝くじですが、もし宝くじに当選した場合、この当選金に、所得税は課税されるのでしょうか?・・・答えは、「所得税は課税されない」です。

 宝くじの当選金を非課税とする規定は、所得税法にはありませんが、宝くじの法律「当せん金付証票法」に、所得税を課さないという規定があります。従って、例え宝くじで7億円が当たった場合でも、所得税は課されませんので、確定申告の必要もありません。

 ただし、当選金を家族や親戚、友人などに分けてしまうと、分けてもらった人は「贈与税(1人当たり年間110万円以下の贈与であれば贈与税はかかりません)」の対象となります。

 宝くじをグループで購入していても、当選金を1人で受け取ってからグループのメンバーに分配した場合には、同様に贈与税の課税対象となります。グループで購入し、当選金をメンバーで分配したい場合には、銀行で受け取る際に、メンバー全員の名義で受け取る必要があります。

 「宝くじに税金はかからない」とだけ覚えていると、多額の贈与税が発生するケースもありますので、グループで購入して当選された幸運な方は、ご注意ください。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.