相続・税のYPコラム

  • 相続税・贈与税

お孫さんの相続税は、2割増し!

前回のYPコラムでは、相続税が軽減されるケースをご紹介しました。今回は、相続税が増えるケースをご紹介します。

「息子に財産を残そうと思ったが、息子は息子で財産があり、困っていなさそうだ。それなら、可愛い孫にあげよう。」こんな風にお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、実はお孫さんが相続等により財産を取得すると、お孫さんが納める相続税額は2割増しになります。

亡くなった方(被相続人)の一親等の血族及び配偶者以外の人が、相続等によって財産を取得した場合には、その人の相続税額に2割に相当する金額が加算されます。すなわち、親、子、配偶者以外の人(兄弟や孫、友人など)が相続により財産を取得すると、その人の相続税は2割増しになるのです。孫は養子縁組したとしても、2割増しです(※)。

お孫さんが相続により財産を取得するということは、「子」の世代を一つ飛び越えて相続するため、相続税の負担が1回分少なくなります。従って相続税の租税回避に使われる恐れもあるため、相続税法では相続税を加算し、負担調整を図っています。

「いやいや、自分は生きているうちに孫に財産を渡したい。」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。その場合、贈与税の負担が気になるところですが、生前に財産を贈与しても税負担がゼロとなるケースがあります。次回のYPコラムでご紹介します。

(※) 本来、養子縁組をした場合は「一親等の血族」になるため、2割加算は適用されませんが、孫など直系卑属が養子縁組により一親等の血族になった場合には、2割加算が適用されることになっています。
ただし、子が先に亡くなっており、本来、子が相続するはずだった分を孫が相続する場合(代襲相続といいます)には、この2割加算は適用されません。この場合、孫は、孫として相続するのではなく、あくまでも子の代わりに相続するに過ぎないからです。

税務・会計等に関することはお気軽にご相談ください