移転価格コンサルティング

山田&パートナーズには、大小様々な企業の税務顧問やコンサルティング実績があります。
高い専門性を持ったチームが国際、M&A、事業承継、組織再編など、お客様を取り巻く経済環境に応じたあらゆるニーズにお応えし企業の成長・発展のサポートをいたします。

移転価格税制への対応について、グループ企業間取引の実態を調査し、適正な取引価格の設定を支援いたします。税制のみならず、経営、コンプライアンスなど多面的な視点から、適切にサポートいたします。
また、取引価格の妥当性のみならず、企業グループの海外戦略の見直し、商流の変更、グローバルタックスマネジメントなどのコンサルティング業務も提供いたします。

  • 1.世界135ヶ国以上における対応

    グラントソントン・インターナショナルの国際ネットワークを活用し、現地国の最新の税制に基づいて対応いたします。また、弊社海外拠点やジャパンデスク設置拠点においては、日本語対応が可能であり、よりきめ細かなサービス提供を行います。

  • 2.移転価格税制に関する文書化支援、税務当局との対応支援

    日本親会社と海外子会社との取引の流れ、取引規模、機能・リスク、無形資産の使用状況、ロイヤルティ、グループ内役務提供(IGS入貸付金の金利の適正性などを分析し、移転価格税制•その他法人税の観点から課税リスクを把握します。日本側のみならず、現地国側の視点も踏まえ、移転価格リスクを分析し、各国に対応した移転価格文書の作成を支援いたします。また、税務当局への事前確認申請(APA)の対応も支援いたします。

  • 3.国外関連者に対する寄附金課税への対応

    無形資産の使用状況、ロイヤルティ、グループ内役務提供(IGS)、貸付金の金利の適正性などの内容に応じ、関連者取引に関する規定や海外出張規定などの整備を行い、国外関連者に対する寄附金課税を受けないように、税務当局向けの説明資料の作成を支援いたします。

  • 現状把握
    • 日本親会社と海外子会社との取引の流れ(商流)、取引規模、無形資産の使用状況、ロイヤルティ、グループ内役務提供(IGS)、貸付金の金利などについて、現状を把握。
    • 国外関連取引に関する整備・運用状況を確認、課税リスクの洗い出し。
  • 機能・リスク分析
    • 国外関連取引の内容や国外関連取引の当事者が果たす機能、負担しているリスクを総合的に分析。
  • 経済分析
    • 独立企業間価格の算定方法を検証し、選定。
    • 企業データベースから比較対象企業を選定、利益率レンジを算定。
  • ポリシーの構築、
    文書の作成
    • 企業グループにおける移転価格ポリシーの構築を支援。
    • 税務当局から求められる移転価格文書の作成を支援。
  • 運用サポート、
    税務調査対応
    • 毎期の利益率の検証。
    • 商流の見直しなどによる取引価格改訂をサポート。
    • 過去の移転価格調査における税務当局の傾向を踏まえた税務 調査対応。

  • 移転価格税制およびその他法人税の観点からの課税リスクの把握と対応策の提示
  • 企業データベースを用いた独立企業間価格の算定
  • 移転価格ポリシーの策定や見直しの支援
  • 移転価格の文書化対応:最終親会社等届出事項、国別報告事項(CbCレポート)、マスターファイル、ローカルファイルなどの文書化の支援、作成後の運用やアップデートの支援
  • 国外関連者に対する寄附金課税について税務当局向け説明資料の作成支援
  • 移転価格調査における税務調査対応
  • 事前確認申請(APA)や相互協議を行う場合の各種支援