service image 2 service image 2

タックスヘイブン対策税制のサポート

山田&パートナーズは時代の先を的確に読みながら、ともに悩み、ともに考え、ともに研究し、
中・長期にわたり安定的な財産の活用、維持そして円滑な承継のための方策を提言し、実行のお手伝いをいたします。

個人や法人で海外子会社を保有している場合、海外子会社にタックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)が適用されることがあります。
また、タックスヘイブン対策税制は、近年、税制改正が頻繁に行われており、その取扱いを正確に把握するのも困難です。
そのような状況や問題をお持ちのクライアントに、タックスヘイブン対策税制に係る対応を提供します。

タックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)とは

税負担が著しく低いまたは税が存在しない国や地域(以下「軽課税国」という。)に所在する子会社に利益を移転することによる租税回避に対処するため、軽課税国に所在する一定の外国子会社の所得を、その株主である日本親会社等の所得に合算して課税する制度をタックスヘイブン対策税制(外国子会社合算税制)といいます。

タックスヘイブン対策税制の適用範囲の確認

  • 海外子会社や海外孫会社等がタックスヘイブン対策税制の適用対象であるかどうかの検討と合算課税所得の把握及び算定についてのサポートを行います。

タックスヘイブン対策税制の税務申告内容の確認

  • タックスヘイブン対策税制が適用される場合には、適切な税務申告が行われているかを確認し、適切な取扱いについてアドバイスします。

タックスヘイブン対策税制に係る税務コンプライアンスのアドバイス

  • 海外子会社等を多数保有されている法人等については、税務申告で常に適切に海外子会社等の状況を把握し、タックスヘイブン対策税制の対応が適切に行われているかをチェックすることが必要となります。
    その会社内部でのチェック体制の構築について、ヒアリングシートや必要資料リストの整備など必要な対応をアドバイスします。
page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.