海外CFO業務

山田&パートナーズには、大小様々な企業の税務顧問やコンサルティング実績があります。
高い専門性を持ったチームが国際、M&A、事業承継、組織再編など、お客様を取り巻く経済環境に応じたあらゆるニーズにお応えし企業の成長・発展のサポートをいたします。

海外進出企業の健全な経営のためには、海外子会社の財務状況の的確な把握が不可欠です。
また、そのために日本・現地双方の税務・会計・法制度等の知識・経験が海外CFOに求められます。
その負担軽減を図り、迅速化・明確化の支援を行います。

月次報告、財務分析

現地駐在員が海外子会社を訪問し、経理処理状況を確認することで、海外子会社の現地責任者と現地経理担当者・現地会計事務所との溝を埋め、適時的確な報告体制を支援。

  • 経理担当者の指導、財務報告フローの改善
  • 現地会計事務所作成資料の内容確認
  • 定例会議等への参加
  • 現地会計・税務制度への質問対応

現地調査、不正防止、課題整理

海外子会社の抱える課題を調査により早期発見し、不正経理防止対応、モニタリング対応の構築などにより課題解決を支援。

  • 子会社調査(資産・負債の実在性調査、帳票調査、経理・管理体制の課題調査など)
  • 日本親会社側への影響調査(事業承継、組織再編など)
  • 国際税務対応に関する整備支援(移転価格税制文書化対応、タックスヘイブン対策税制、駐在員所得税など)