2020.05.27 お知らせ 

朝日新聞社が運営する情報ウェブサイト「相続会議」 に、弊法人の伊藤が寄稿した記事「事業承継で自社株を相続する場合の評価方法とは? 税理士が解説」が掲載されました。

「相続会議」トップページはこちらから、弊法人伊藤の寄稿記事はこちらからご覧いただけます。


コラム一部抜粋

日本経済を支える多くの中堅中小企業では、会社経営者が、会社株式の過半数を保有している、いわゆるオーナー社長であるケースがほとんどです。そのため、会社の事業承継を考える際には、社長職を継ぐだけでなく、自社株式という財産を、どのように後継者に移転するか、そのためにどの程度の税金がかかるかを検討することが重要です。今回は、自社株式に加え、その他事業に必要な承継すべき財産としてどのようなものが考えられるかを紹介します。そして後継者が自社株式を相続することを想定し、自社株式の評価方法について解説します。(本文は、朝日新聞社「相続会議」にてご覧ください)

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.