2010.07.05 税の最新情報 

国税庁は7月1日、相続税や贈与税の課税の際に土地等の評価基準となる22年分の路線価を公表しました(http://www.rosenka.nta.go.jp/)。

全国約38万地点の標準宅地の平均路線価は、1平方メートル当たり12万6,000円と前年比8.0%減少し、2年連続の下落となりました。景気低迷を反映し、下落率も2.5ポイント大きくなっています。特に三大都市圏では、東京圏前年比9.7%下落1、名古屋圏同7.6%、大阪圏同8.3%といずれも下落しています。地方圏も、5.9%下落して2年連続の下落となり、全国的に下落しています。

都道府県庁所在地の最高路線価をみると、上昇した都市はなく、津、山口の2市が前年と同額だった他はすべて下落しています。

東京圏のマンション販売では、「既に底を打った」との見方もあるようですが、スカイツリー効果等で一部の地域に持ち直しが見られるものの、郊外は厳しいとの指摘もあります。消費税増税前の駆け込み需要に対する期待も大きいようですが、地価全体を上昇させる原動力となるには厳しいようです。

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.