2013.02.18 税の最新情報 

 内閣官房がまとめた「内閣提出予定法律案等件名・要旨調(平成25年2月12日現在)」によると、平成25年度税制改正法案の国会提出は、3月上旬を予定しているようです。

 税制改正法案は、例年であれば、1月下旬から2月上旬に国会に提出されます。本年は、12月中旬に行われた衆議院の解散総選挙の影響で、税制改正大綱の決定が遅れ、税制改正法案の提出も遅れています。

 年度内(3月31日)に成立させるためには、審議日程を考えると、遅くとも3月上旬には税制改正法案を国会に提出している必要があると思われます。現在の予定がずれ込めば、年度内成立は厳しくなりそうです。

  <<国会提出予定の税制関連法案>>
  ○3月上旬
   ・所得税法等の一部を改正する法律案(仮称)
   ・地方税法の一部を改正する法律案(仮称) 
   ・行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律案(仮称)

  ○3月中旬
   ・消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための特定事業者による消費税の
    転嫁の拒否等の行為の是正等に関する特別措置法案(仮称)

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.