2020.09.22 お知らせ 

朝日新聞社が運営する情報ウェブサイト「相続会議」 に、弊法人のパートナー・清三津裕三が寄稿した記事「相続の相談は誰にすべきか 弁護士・税理士・司法書士のそれぞれの強みは」が掲載されました。

「相続会議」トップページはこちらから、弊法人清三津の寄稿記事はこちらからご覧いただけます。


コラム一部抜粋

家族に相続が発生した際、相続の手続きをする必要がありますが、一般の方で相続の手続きに詳しい人はほとんどいません。通常、相続の手続きは、両親に万一があった際に経験するくらいで、人生の中で2回程度しか経験することがないからです。そのため、専門家に相談をすることが多く、相続に係る専門家としては、弁護士、税理士、司法書士などが頭に浮かびます。それぞれの強みは何で、どこをポイントに依頼先を決めれば良いのでしょうか。

(本文は、朝日新聞社「相続会議」にてご覧ください)

page top page top
We use cookies to personalize content, to provide social media features, and to analyze our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising, and analytics partners. For more information, please review our Privacy Policy. By using this site, or clicking “Ok”, you consent to the use of cookies.