国際税務2016年5月号に弊法人メンバーが執筆した記事が掲載されました。

【論稿】弊法人徳山義晃税理士が執筆した「外国子会社合算税制において未実現損益を基準所得金額の計算上、調整に含めるべきか否かの検討」と題する記事が、国際税務2016年5月号の144頁に掲載されました。

国際税務2016年5月号 144~147頁
発行所 国際税務研究会

税務・会計等に関することはお気軽にご相談ください