【OPセミナー報告】設備投資を行う際に活用すべき税務

開催日:2016年8月25日
講師:東上 晃之(税理士法人山田&パートナーズ 税理士)

 平成28年8月25日(木)、税理士法人山田&パートナーズ主催のオープンセミナーを開催いたしました。

 本セミナーのテーマは、「設備投資を行う際に活用すべき税務【講師:東上 晃之(弊法人税理士)】」。

 リーマンショック後に落ち込んだ設備投資の水準を回復させるため、税制において設備投資の促進を目的とした優遇措置が設けられています。設備投資の老朽化により生産性が伸び悩んでいる企業や、設備の更新時期を迎えている企業は、設備投資を行う際にこの優遇措置を受けられる可能性があります。

 本セミナーでは、生産性向上設備投資促進税制の申請等の業務に携わり、全国を飛び回っている講師が、優遇措置の適用を受けるための手続きの留意点等や実務上のポイントについて詳しく解説いたしました。

税務・会計等に関することはお気軽にご相談ください